T o p
  LAN工事へ戻る   施工写真へ戻る

建売新築住宅宅内LAN配管工事

配管工事
(jpg画像:建売住宅LAN敷設配線施工通信工事写真,lan,
テレビ配線,同軸配線,マルチメディアボックス設置,通線,配管工事,
神奈川県,鎌倉市,藤沢,横浜,逗子,葉山,横須賀,三浦,川崎,
大田区,世田谷区,目黒区,
)
  ツーバイフォー(2×4)工法の為、配管用に躯体への穿孔が必要でした。
  躯体強度に影響を与えないよう、穿孔を最小限にするように、LAN集中部の
  設置場所と配管ルートを検討し、配管の曲がりを極力抑えて施工しました。

  このケースでは、設計の段階から施主と打ち合わせをしながら進めたので
  十分な確認ができ、施主の希望が叶った工事となりました。
  設計当初は、LAN集中部を2階小屋裏予定でしたが高温で適さないと当方で
  アドバイスし、2Fウォークインクローゼット内にLAN集中部を変更しました。
  顧客指定のマルチメディアボックスも、2Fウオークインクローゼット内に
  設置しました。当方ではマルチメディアBOXではなく組み合わせ自由な
  プレート仕上げを推奨しております。ここから各部屋への電話LAN共用配管が
  スター(放射)状に接続されています。配管設置後、通線します。

  電話は、弱電なので影響がわずかな為、LANと配管共用が可能です。
  理想は、電話とLANの2配管です。LANは電気線の近くは干渉があり不適です。
  上記と関連してLAN集中部は電気の集中する分電盤近くを避けます。
  他にも高温多湿や極端な低温の場所は避けます。
  ウオークインクローゼット納戸階段下が適当。浴室洗面台所屋根裏床下は不適。


  このLAN工事が下記、住宅建築専門誌に掲載されました。
  日経ホームビルダー   2005年11月号■経営79p   私のデジタル活用術/弱電工事の基礎知識(2)
  日経HB記事のpdfファイル : 家庭内LAN配線工事記事pdf
  イエイリ建設ITラボ ブログ 2006/3: 日経HB 私のデジタル活用術の概略

***旧URL http://www.h6.dion.ne.jp/~yuzuruks/ Au ADSLサービス提供終了2015年9月30日閉鎖***
★★★★★★★★お気に入りに登録されている方は新URLへ変更をお願い致します★★★★★★★★


T o p jpg画像:転載禁止 ユズル