T o p 
  LAN工事へ戻る   施工写真へ戻る

新築住宅家庭ランlan配線 FTTH+cat6使用LAN

新築住宅家庭LAN配線工事写真 FTTH+cat6使用LAN
(jpg画像:光ファイバーFTTH対応UTPケーブル使用実例写真,
新築木造一般住宅,家庭LAN施工配線,ホームラン配線,
ホームネットワーク,ホームネットワーク工事,
光ファイバー,cat6,CAT6,lan,lan,lan,
カテゴリー6,1000base,
)
  新築在来工法木造住宅で、FTTH(光ファイバー)利用のLAN配線。
  将来ギガビットに対応できるように先行して、基幹部のUTPケーブルを
  cat6(1000base-TX)にしたホームネットワークの実例。

  集中部を寝室に。必要な機器を接続すると下記のようになります。
  集中部からパッチコード経由HUBハブで部屋へ接続、光ファイバーは
  ONUへ接続。マルチメディアボックスを使わず、必要なプレートを
  組み合わせて設置。
  写真のようにプレートなら自由に組合せでき費用も安く必要経費のみ。
  各部屋には、電話とLANのジャックを取り付けて、プレート仕上。
  (マルチメディアボックスの中に、将来追加購入やアップグレード
  するルーターやモデム・ハブを、全て収納することは難しく、機器の
  放熱を考慮すると密閉は逆効果)

  集中部はウォークインクローゼット納戸階段下等が適しています。
  高温低温高湿度になる場所(浴室/洗面/台所、屋根裏、床下)は
  機器の故障を誘発するので不適。

(jpg画像:光ファイバーFTTH対応UTPケーブル使用実例写真,
新築木造一般住宅,家庭LAN施工配線,ホームラン配線,
ホームネットワーク,ホームネットワーク工事,
光ファイバー,cat6,CAT6,lan,lan,lan,
カテゴリー6,1000base,
)
    カテゴリー6LANケーブル;通信興業  モジュラージャック;パンドウイット

  新築時に、各部屋へ配管や必要なジャック付プレート仕上げをして
  おくときれい。LAN用の空配管をしておけば、後から配線OK。
  理想は、部屋毎に、電話は電話用の配管、LANはLAN用の配管と
  2本の配管。(LAN用は後日配線する場合は、空配管)
  予算上無理な場合は、電話用配管を共用。その場合、モデムや
  ハブルーターを置く部屋を中心として、各部屋へスター(放射状)
  配線をしておく必要あり。
  電話は、弱電なので影響がわずかな為、LANと共用が可能。
  *電気との共用は不可。干渉があり、障害の原因になります。*

  光ファイバーなら、ワンランク上のカテゴリー6がお勧め!

  カテゴリー6cat6ケーブル使用の他のLAN工事が下記、住宅建築専門誌に掲載。
  日経ホームビルダー 2005年11月号 私のデジタル活用術/弱電工事の基礎知識(2) (79〜82p)
  日経HB記事のpdfファイル : 家庭内LAN配線工事記事pdf
  イエイリ建設ITラボ ブログ 2006/3: 日経HB 私のデジタル活用術の概略
  日経ホームビルダー 2007年8月号52p 家庭宅内LANpdf 人気設備の落し穴/インターネット 配線


***旧URL http://www.h6.dion.ne.jp/~yuzuruks/ Au ADSLサービス提供終了2015年9月30日閉鎖***
★★★★★★★★お気に入りに登録されている方は新URLへ変更をお願い致します★★★★★★★★


T o p jpg画像:転載禁止 ユズル